オイル交換について

【1】下抜き
ドレンプラグを外して自然流下で抜取る方法
【2】上抜き
レベルゲージからチューブを挿入して抜取る方法
オイル交換の方法として、【1】、【2】は従来のやり方です。
今回は画期的なオイル交換の方法を説明します。

(初回)

 ドレンプラグを外す
 カンドレンに差し替える
 更にカンキャップを取付ける

(次回からのオイル交換)

 
カンキャップを取る
(ドレンプラグの面倒な脱着の必要が有りません)
 
 
 
 
キャップの廻りにステンレスのワイヤーが
入っているので、手で簡単に取れません。
プライヤー等でテコの原理で安易に取ることができます。
 
カンソケットにホースを取り付けして
バキュームすれば熱い廃油に触れず
直接ポンプや廃油タンクに処理できます。
 
 
 
 
ポンプはオイルをバキュームする物であれば既存の上抜きオイルチェンジャーでも4リットル10秒前後で抜取りできます。

【既存の上抜きチェンジャー使用の場合】

 上抜きチューブ
変換アダプターを付けて、
カンソケットに差替える。
下から直接上抜きチェンジャーで抜取りします。(どんなオイルチェンジャーでも使用できます。)
例えば、ギアポンプ、真空引きポンプ、手動式ポンプ等

【ダイヤフラムポンプの場合】

全然汚れないで作業が可能です。
リフトアップしなくても抜取りできます。
ツエンズ株式会社
〒745-0037
山口県周南市栄町2-4高原ビル1F
TEL.0834-27-3007
FAX.0834-31-3607